チームビルディングの重要性について

チームビルディングとはそもそもいったい何でしょうか?
以下の通りここでは定義します。

・効果的なチームをある目的を達成するために編成すること
・チームメンバーが相乗効果を発揮出来るように導くこと

効果的なチームをある目的を達成するために編成すること

「目的を達成するために効果的な」と言う部分がここでは重要です。
手が空いてる人間を誰でも良いから集めて編成したチームは
ただの寄せ集め、チームでも何でもありません、烏合の衆です。

また、非常にチームの規模も大切です。
1人の人間が目の届く範囲には限界がありますので、
数十人以上が全体で関わる規模になると、
チームを10人~15人単位で分割するのが良いでしょう。

掌握という言葉があります。
自分の手で把握出来る範囲は、読んで字のごとく、
10人=両手の指の数を合わせた10本を目安にする事をお勧めします。

50人でも100人でも管理出来ると仰る方がたまにいますが、
管理してるつもりで出来てないか、余程の天才かのどちらかだと思います。
相乗効果をチームメンバーが発揮出来るように導くこと

チームは編成して終わりでは無いという事です。

目的を達成するために必要な知識や技術を持った
メンバーやリーダーでチームを編成出来たとします。
ですが、チームとしてはそれだけでは機能しません。

これについては、説明をタックマンモデルを用いてします。
チームビルディングの状態を5段階で表したモデルをタックマンモデルといいます。

1. 形成期:Forming
お互いのことをメンバーは知らず、役割分担も無い。
共通の目的等も分からず手探りで模索している状態。
2. 混乱期:Storming
徐々に目的を理解しつつ、役割分担が進むが、
お互いが、それにより意見を発するようになり対立が生まれる。
3. 統一期:Norming
お互いの存在や意見を受容しつつ、役割分担が行われ
徐々にチームとして纏まりが生まれて、本格的に目的達成に向けて始動する。
4. 機能期:Performing
理解がメンバー間で深まり、一致団結して目的に向かって取り組む。
同じゴールを見据える事で、スピードが向上し、作業にも無駄がなく、
メンバー同士で更に相乗効果が生まれる。
5. 散会期:Adjourning
状況が変化したり、目的を達成したため、チーム解散となる。

チームをこれらの段階を経て成長させる事を意識しつつ、
成果を出し目的を達成する事が大切です。

チームビルディングだけではなく、ファシリテーションを行う際にも
このモデルは非常に重要な考えとなりますので、
興味がこの辺りにある方は調べてみてください。

チームプロジェクトを成功する秘訣をただ実行しただけでこんなに早く成果が出ました。 組織力の育成と、組織変革で企業の成長と企業価値を最大限に高め、常に最先端を走る企業への変貌をお手伝いします。 成果を見て全てがわかるチームビルディング力を身につける。まずはお気軽にご相談ください。 チームビルディングで新しいものを作る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>